キャンプ BBQで簡単にできる炭の火付け 火おこし方を動画で紹介!



アウトドア最大の難関といえばBBQの火おこしではないでしょうか。暑い中、子供や奥さんの冷たい視線とブーイングを浴びながら額に汗かいて一生懸命火おこしをしているご主人の笑うに笑えない惨状を目にされる人も多いと思います。今回はBBQの炭の火付け 火おこし方について…

スポンサードリンク

キャンプで料理やBBQの火おこしのやり方って、初心者だと難しいですよね。

昔の人は石や木の摩擦熱で火を起こしたりしてたそうで、便利になれた私たちからしたら
摩擦で火を起こすなんて時間かかりすぎて考えただけでも気が遠くなります。

アウトドアで楽しい時間を過ごすには、準備時間の節約がキーポイント!
なので、なるべく簡単な方法で火おこしができたらと思ってしまいます。

キャンプの達人はものの数十秒で発火させたりするといいますが、
素人の場合だとどれくらいの時間がかかるのでしょうか。

新聞紙に火をつけ、炭のうえにおけばいいのかな?
それとも、何か特別なキャンプ用具があるのかな?

今回はキャンプ場やBBQでの火おこし、火付けのやり方について動画と一緒に紹介します。

 

炭や薪の火おこし 火付けのやり方

<着火剤で火おこし>

こちら固形の着火剤とジェル状の着火剤を使って5分放置で火おこしの動画です。
↓  ↓  ↓

出典:https://youtu.be/Onzi6d3aHrk

1、炭を並べて固形の固形の着火剤を適当に置いていく

2、次に固形の着火剤の上にジェルの着火剤を付けていく

3、ジェルに火をつけたら全体に火を広げていく

4、後は炭を積み上げて放置でOK

大事なことは固形の着火剤に火を点けてゆくこと!
火が点きやすいが持続性のないジェルと点きにくいが持続性のある固形の着火剤をうまく使っていくといいそうですよ。

 

スポンサードリンク

 

<新聞紙で火おこし>

着火剤なしで新聞紙を使って火おこしをする方法です。
ちょっと笑える動画ですww
↓  ↓  ↓

出典:https://youtu.be/yhmSw8OXJPM

1、石で火おこしがはいる土台を作る

2、その中に新聞紙をキュッと硬めに棒状にねじり、それを何個も作り井型に組んでいく
(ねじった棒状の新聞紙の1個を火種として残しておく)

3、組んだ井型の周りに炭を立てかけていく

4、取っておいた新聞紙で作った火種に火を付けて火おこしの真ん中に縦に差し込んで火が回るのを待つ

5、約5分で火おこし完了

 

新聞紙で井型のやり方はお金もかからずいいですね。

あと炭の置き方も空気が回るように置くと火が付き易いそうです。

 

<煙突状の火おこし器を使う>

アウトドアでの木炭の火起こしを煙突状の火おこし器を使ってやる方法です。
↓  ↓  ↓

出典:https://youtu.be/61zaV_IpvFY

1、平らな場所にコンロを設置する

2、着火剤を置きその上に火おこしをかぶせるように置く

火おこしの中に空気の通り道をつくるように大きめの炭をいれていく

(火おこしは煙突のような役目をしてくれるので火が回りやすい)

3、着火剤に火をつける

火が付いたら、炭に火が回るまでは炭を動かしたり新しい炭を追加したりしないで待つ

4、火が回ったら炭ばさみでコンロに出し、さらに炭を加えて火力を安定させる

5、火力が安定し炭全体が白っぽくなったらコンロにまんべんなく広げて完了

木炭の火付けのポイントは、空気の通り道をつくることと
火が回るまでじっくりと待つことですね (´∀`*)

 

さいごに炭の後片付けですが
炭に火がある場合は火消ツボに入れ安全に消化したのを確認してから持ち帰るようにしてください。

 

キャンプのコンロは炭とボンベどっちがいい?

ボンベの方が手早く料理が作れますが、
理想的なのはボンベと炭を併用すること。

例えば、昼はBBQを炭で楽しんで、夜と翌朝はボンベでカレーや目玉焼きを調理する、というふうに
使い分けると料理の幅が広がって楽しめますよ ٩(ˊᗜˋ*)و

 
関連記事
・オートキャンプって何?区画サイト フリーサイト テントサイトの意味は?
・オートキャンプ初心者におすすめのキャンプ場の選び方と必要な持ち物リスト!
・キャンプ BBQで簡単にできる炭の火付け 火おこし方を動画で紹介! ← 今 この記事
・大阪のオートキャンプ場!バンガローやコテージ 温泉付き等 初心者向けキャンプ場5選  
・和歌山のオートキャンプ場!コテージ マリンスポーツ 温泉付き等初心者向けキャンプ場
・京都のオートキャンプ場!バンガロー アスレチック 川遊び等 初心者向けキャンプ場
・滋賀県のオートキャンプ場!アスレチック 水遊び バンガロー 温泉等 初心者向けキャンプ場
・兵庫県のオートキャンプ場!アスレチック 川遊び 温泉 星の観察等 初心者向けキャンプ場

まとめ

キャンプやBBQなど、アウトドアでは時間と手間を節約し、いかに遊びの時間が多く取れて満喫できるかがポイントだと思います。
火おこしが素早く短時間でできたら、パパの株も上がりますね (^○^)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です