オートキャンプって何?区画サイト フリーサイト テントサイトの意味は?



夏はやはりBBQやキャンプなどのアウトドアですね。今年は車中泊やファミリーキャンプを計画中の方も多いのではないでしょうか。キャンプといえば子供の頃に学校で体験した記憶しかありませんが、最近はオートキャンプなるものが流行っているらしいです。オートキャンプって何だろう。サイトって?テントサイトって何?

スポンサードリンク

今年はファミリーキャンプをしてみたいと考えてるAさん。
さっそくアウトドアに詳しいBさんに色々訪ねています。

得意げに話すBさんに比べ、Aさんは、わかったようなわかってないような複雑な表情です。

きっとキャンプ用語なるものの意味が分からないのだと思います。

オートキャンプって何?
テントサイトって?

誰でも何でもそうだけど、初めて経験することは
全くわかりませんよね。

今回はオートキャンプについて調べてみました。

 

オートキャンプって?

オートキャンプとは、車を使ったキャンプのこと。

車といってもキャンピングカーと決まってるわけではなく
ミニバンなどの普通の乗用車にテントを積んで行く人がほとんどだといわれています。

オートキャンプの形態は大きく2つに分けられます。

1、オート区画サイト

1つの決められた区画の中に車を1台停めて
そのすぐ脇にテントとタープを張ってキャンプが出来ます。

すぐ横に車を止めて荷物の上げ下ろしができ、
駐車場に車を止めて道具をテントサイトに運び込むキャンプと違い、荷物を運搬しなくていいのが魅力です。

※「サイト」とは、テントやタープを張って、そこでBBQなどができるスペースのこと。

GWや連休、夏休み、お盆など、込んでる時期には、
決められた区画のあるオート区画サイトが安心なのでおススメです。

デメリットとして、区画されてるサイトの広さはキャンプ場によってまちまちだということ。
区画が狭いキャンプ場もありますので、事前に確認するようにしてください。

広さの目安は駐車スペースを含めて約10×10m

これより狭くなるとテントサイトのレイアウトや設営方法に工夫が必要になりますので
初心者であればなるべく10×10mより広いテントサイトがあるキャンプ場を選んだ方がいいそうです。

テントサイトの広さは各キャンプ場のホームページや市販のキャンプ場ガイドで調べればたいていの場合はわかります。
もしわからない場合はキャンプ場に問い合わせてみてください。

植え込みで仕切られてるサイトもあり、
プライバシーが保たれて過ごしやすいと思います。

 

スポンサードリンク


 
2、オートフリーサイト

区画がなく車やテントを自由に設置できます。
区画が決まっていないため、早いもの順で木陰や好きな場所にテントを張ることができます。

料金もオート区画サイトより安く
大き目のテントとタープをのびのび設営できて思い存分に開放感にひたれます(* ´艸`)

ただし、デメリットとしてGWや連休、お盆などは
壮絶な場所取り合戦に巻き込まれる恐れがあります (´;ω;`)ウゥゥ

なので、GWやお盆などの込み合う時期はオート区画サイトの方が快適です。

逆に、比較的すいている時期は開放感たっぷりで広く使えて
金額も安いフリーサイトがおすすめだと思います。

なお「テントサイト」と明記されている場合は、テントを張るエリアに車の入場は出来ません。
キャンプ場によっては「フリーサイト」と明記の場合、車の乗り入れが可能と不可能があるようです。

いずれにしても車の入場ができない場合は駐車場に車を停めて、そこから荷物を運ばないといけないので、駐車場とサイトまでの距離によっては大変だったりします。

狭いキャンプ場や公共キャンプ場、山間部のキャンプ場などは、「テントサイト」が多いようですね。

それにしても「テントサイト」という呼び名はキャンプ場ごとに意味が違ったり
サイトの大きさもキャンプ場によってバラバラだったりです。

オートキャンプと区別して使う場合は、車が横付け出来ない区画のことと認識すればいいのではないかと思います…

ファミリーキャンプに向けて、オートキャンプ場が多くなっていますが
宿泊しない日帰りでの利用、バーベキューなどをされる方が利用する「デイサイト」や
テント、タープセット一張分をいう「1サイト」などキャンプ用語もいろいろです。

かつてアウトドアはお金持ちやマニアだけに許された遊びだったハズですが、
今は誰でも気軽に楽しめる身近な存在になりました。

今年の夏!
まずは一度、オートキャンプの醍醐味を楽しんでみてはいかがでしょう((´∀`))

関連記事
・オートキャンプって何?区画サイト フリーサイト テントサイトの意味は?← 今 この記事
・オートキャンプ初心者におすすめのキャンプ場の選び方と必要な持ち物リスト!
・キャンプ BBQで簡単にできる炭の火付け 火おこし方を動画で紹介!
・大阪のオートキャンプ場!バンガローやコテージ 温泉付き等 初心者向けキャンプ場5選
・和歌山のオートキャンプ場!コテージ マリンスポーツ 温泉付き等初心者向けキャンプ場
・京都のオートキャンプ場!バンガロー アスレチック 川遊び等 初心者向けキャンプ場
・滋賀県のオートキャンプ場!アスレチック 水遊び バンガロー 温泉等 初心者向けキャンプ場
・兵庫県のオートキャンプ場!アスレチック 川遊び 温泉 星の観察等 初心者向けキャンプ場

まとめ

最近はオートキャンプ場が増えているようですね。区画されたスペースに車やテントを自由に設置できる「区画サイト」と区画がなく車やテントを自由に設置できる「フリーサイト」に分かれます。しかし、本当にキャンプ場ごとに呼び名やサイトの広さもいろいろです。
予約の際にキャンプ場ごとに確認してみてください。では楽しいキャンプを(^^♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください