顔の赤みの原因と対策!あから顔を改善するにはどうすればいい?



赤ら顔 ほおの赤み,鼻の赤み 目元の赤みで困っていませんか?
皮膚科に行ってみたり、化粧品を変えたりして色々対策されてる人も多いと思います。
今日は、顔の赤みの原因と対策や顔の赤みに効くスキンケア商品をご紹介します。

スポンサードリンク

顔の赤みを消し、涼やかな顔を望んでいる人は、顔の赤みの原因を知ることが大事です。
心臓の悪い人は赤ら顔になると聞いたというような物騒な話も……
また、アトピーや敏感肌の人は、ちょっとした刺激にも敏感に肌が反応してしまいます。

 

皮膚科に行って色んな薬を紹介され使っていても、症状は一進一退で良くならず、
困り果てている人はかなり多いようですね。

はたして顔の赤みの原因って何なのでしょう?
その対策と化粧品を探ってみたいと思います。

 

■赤ら顔の原因は?

じつわ、赤ら顔の原因は“毛細血管のひろがり”だといわれています。

顔にはたくさんの毛細血管があり、
頬や鼻や顎などは特に毛細血管が多い場所なんだそうです!
そして、次のような肌タイプの人は“赤ら顔”の方が比較的に多いといわれています。

 

1、毛細血管拡張症

「毛細血管拡張症」は顔の赤みで悩む人にもっとも多く、
血液の色が透けることで顔が赤く見えてしまう症状です。

通常、真皮にある毛細血管は、
収縮と拡張をくりかえすことで血液が滞りなく流しています。

しかし、なんらかの理由で血管が拡張したままの状態になると、
皮膚の表面に近い組織中に血液が滞ります。

その血液の赤い色が、皮膚の表面からも透けて見え、
顔の赤みになってしまうのだそうです。

毛細血管拡張症は暑かったり、寒かったりと
寒暖差が激しい場所をくりかえし行き来したり、自律神経が乱れていたりすることで起こります。

人前に出たり、話したりするときに、恥ずかしかったり緊張して顔が赤くなるのも、
自律神経が過敏に反応しているからだといわれています。

それと「毛細血管拡張症」のひとつに「酒さ」があります。

 

※酒(しゅ)さ

「酒さ」は鼻の頭から両頬にかけての毛細血管が拡がって、
顔が赤くなってしまう
症状です。

毛細血管が拡張して顔がほてって赤くなるものを
「紅斑性酒さ(第一度酒さ)」と言います。

これに加えて、ニキビのような赤や黄色の小さなブツブツができるものを「酒さ性座瘡(第二度酒さ)」、
さらに、鼻の頭が盛り上がって、コブのようになったものを「鼻瘤(びりゅう)(第三度酒さ)」と言います。

酒さがどうして起こるのかの原因は解明されていません。

ただ、症状を悪化させると考えられているものには、
紫外線、寒気、飲酒、香辛料といった刺激物などがいわれています。

こういうタイプの人は、ちょっとした刺激でも血管が炎症を起こすため、
毛細血管が広がってしまうんだとか…

血管が開くと、赤血球が多くなって赤くなります。
皮膚が薄いため、赤血球が増えて赤くなってしまった毛細血管が透けて見えるっていうのが原因のようです。

だから、この皮膚の原因を知らない限り、根本的な解決は出来ないということになります。

 

2、皮膚が薄い

肌が赤くみえるのは、
毛細血管が透けているから
ともいわれています。

人の肌は上から「表皮」「真皮」「基底層」という3つの層でできています。

この中で毛細血管が集中しているのは「真皮」なので、通常は毛細血管が透けません。
しかし、真皮の上にある「表皮」が薄いと、毛細血管が透けて見えることから顔が赤みを帯びます。

また、生まれつきの体質ということも考えられますが、
肌をゴシゴシこすったり、刺激が強すぎる化粧品を使い続けていたりするなどの、
間違ったスキンケアによって敏感肌や、表皮が薄くなる原因にもなるそうです。

 

3、敏感肌

「敏感肌」は、ちょっとした刺激にも反応して、
赤くなったり、かゆくなったり、ピリピリしたりする肌
のことです。

敏感肌の原因は、もともと角質層の水分保持量が少なかったり、
アレルギー体質だったりする場合があります。

皮膚が薄くなる原因ともいわれる肌をこすり過ぎたり、
合わない化粧品を使い続けたりすることが敏感肌を招いているケースも少なくないそうです。

私たちの肌の表面は、外部の刺激が肌内に侵入しないように、
水分をしっかりと抱えこんだ「角質層」という薄い膜に覆われています。

しかし、敏感肌の人は角質層の水分量が低下し、
刺激を受けやすい状態になっているようなので、
水分量はキレイな肌を保つためには必須条件といわざるを得ません。

 

4、皮脂の分泌が多い

皮脂の分泌が多過ぎる「脂漏性皮膚炎」も赤ら顔の原因とされています。

皮脂の分泌量が多い頭皮や鼻周辺にできやすく、
にきびによく似た湿疹ができたり、脂っぽいフケがでたり、
毛穴が開き皮脂が多く分泌されるなど、症状もにきびとよく似ています。

他にできやすい箇所は、
脇や股、背中の上部や前胸部などの脂っぽい部分です。

肌が荒れて赤くなり、かゆみをともなうことが特徴です。
また、カサついた皮膚が、フケのように細かくはがれ落ちたりもします。

脂漏性皮膚炎の直接的な原因は、
皮膚の常在菌である「マラセチア」によって引き起こされていると考えられています。

マラセチア菌は皮脂を分解して脂肪酸をつくるのですが、
これに皮膚が反応したり、マラセチア菌自体に皮膚が反応して発症する場合があります。

そのほか、皮脂の過剰分泌の原因となる、
睡眠不足、食生活の乱れ、ストレス、ホルモンバランスの乱れなども、
脂漏性皮膚炎の間接的な原因になるとも考えられています。
 

スポンサードリンク

 

■対策は?

肌の赤みの対策は症状ごとに治療方法が異なります。
具体的には下記のとおりです。

<毛細血管拡張症>
レーザー治療やフォトフェイシャルを使って治療します。

<酒さ>
テトラサイクリン系抗生物質や抗菌薬の飲み薬などを使って治療します

<脂漏性皮膚炎>
脂漏性皮膚炎の治療は、ステロイド剤と抗真菌剤のニゾーラルローションやニゾーラルクリームを用います。

薬以外では真菌の増加を抑制することが重要です。
洗顔・洗髪をしっかりと丁寧に行い、過剰な皮脂を取り除き、枕カバーは毎日取り替えて清潔にします。

皮脂の分泌を抑えるビタミンBを摂取したり、ストレスを溜めない事も大切です。
アルコールやタバコはビタミンB類を消耗させますので、控えるように
ニキビや他のトラブル同様、生活習慣の見直しは必須です。

<敏感肌>
保湿剤の軟膏や、ステロイド剤の塗り薬を使って治療します。

<ニキビ・ニキビ跡>
抗生物質の飲み薬や塗り薬を使って治療します。

以上の点に注意して根気よく続けることで
時間はかかりますが絶対治ります。

時間はかかるけど絶対治るんだったら、希望が見えてくきますよね。

また、そんなにひどくなかったら、スキンケアでの方法も効果的らしいです。
赤ら顔の原因の元である毛細血管にアプローチする赤ら顔専用化粧水「白漢 しろ彩」なんかどうでしょう?

皮膚や血管の問題がほとんどの原因である赤ら顔は、
根本的に解決する事がなかなか難しい悩みです。

そんな方には、口コミで好評価の「しろ彩」を是非試してみてください♪

 

■しろ彩を最安値で買う方法は?

人気の「白漢 しろ彩」は
【楽天】や【amazon】で販売されています。

値段を調べると、どちらも6048円に送料プラスでした。

【楽天】や【amazon】にポイントがある方は、
ポイントを利用すると、少しは安く購入することができますよ。

しかし、一番安く購入できるのは、
「白漢 しろ彩」の公式サイトからです。

最低3回は継続が必要になりますが、
定期コースでの申し込みで 20%OFFの4,480円(送料無料)でお試しできます。

しかも、60日間の返金保障付きで送料無料なので、おすすめです。

やや高いと感じられるかもしれませんが、
レーザー治療や皮膚科へ通うことを考えると、まだ買いやすいお値段じゃないかなと思います。
興味がある方は一度お試しください

 → 白漢 しろ彩の公式サイトはコチラ

 

また、メイクの仕方でもずいぶん肌の赤みを抑えることができます。
肌色コントロール化粧下地のグリーンやブルーを使ってみてください。

頬の赤い部分にチョンチョンと少しづつ塗って、
その上から、いつものファンデーションを塗るといいですよ。

「白漢 しろ彩」は、3ケ月継続の定期コースですが、
それには訳があります。

口コミからもわかるように、大体効果を感じるようになるためには、最低3ヶ月ほど…
そういうことから「白漢しろ彩」も定期コースの条件が最低3回の継続が条件になっています。

即効性を求める人には向かないと思います。
早く治りたい気持ちはわかりますが、とりあえず3ケ月間は「白漢しろ彩」でケアしていくことをお勧めします。

コチラの記事もよく読まれています。
・顔のシワはなぜできる!しわを防ぐ薬用化粧品の口コミや評価はどうなの?
・たった10日間で即効美白!ある飲み物で顔を洗うと白肌になれるってホント?!
・目のクマの原因と解消法を調べてみた
・プラセンタとは!1日の摂取量と飲むタイミングは?注射とサプリはどっちが効く?
・見た目年齢を引き上げる顔の3つのラインと解消法!!
・老けて見えるほうれい線を消す方法は? 化粧品 美顔器 即効では何がいい?
・紫外線を寄せ付けないUVクリームの塗り方選び方と日焼け対策グッズ
・紫外線が増える季節に知っておきたいシミの原因とUV対策
・顔にテープを貼るだけで若返る!?顔のたるみ改善解消グッズって何?
・敏感肌に優しい化粧水を食材で誰でも簡単につくる方法!
・韓国女性の肌がきれいな秘密を徹底調査!原因は毎日のアレとコレ!!
・カツオの心臓「ちちこ」はエラスチンいっぱいの美肌サプリ

 

まとめ

顔の赤みの原因には「毛細血管拡張症」「酒さ」「脂漏性皮膚炎」「敏感肌」などさまざまあげられます。
冬の季節は乾燥が強く、屋内と室外の気温の差も大きいので赤ら顔の悩みは増えていきます。
もし、顔が赤くて気になっているのであれば、「白漢しろ彩」を取り入れたり、皮膚科の専門医に相談をしてみることがいいかもしれません。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください